のぼり旗の印刷方法

のぼり旗の基礎と役割

のぼり旗には、色々な印刷方法があるので、どのような用途で使うのかなどを検討した上で使い分けると良いかもしれません。

おすすめリンク

のぼり旗の印刷方法

街中を歩いていたり、車などを運転していると、ガソリンスタンドや飲食店の前にはのぼり旗が立てかけられており、旗に書かれている内容に惹かれて本当はそのお店によるつもりはなかったけれども、ついそのお店に入っていってしまったなどという経験はないでしょうか。

たくさんのお客さんに来てほしいという願いを込めて立てられている旗ですが、ひとくちにのぼり旗といっても色々な印刷方法があるようです。

ここでは、どのような印刷方法があるのかとその特徴についてみていきたいと思います。

街中で私たちが一番目にしているものの多くは、シルクスクリーン印刷という技法で、様々な布地に印刷することが可能で人目をひくような鮮やかな色を出すことが可能であること、スクリーン印刷よりも短時間完成させることができ、費用を抑えることができる両面転写・片面転写は、フルカラーやグラデーションなどといった凝ったつくりのものも、少ない枚数でも安く作ることができ、自分たちで撮影したものもそのまま取り込むこともできること、更に日光に強く丸洗いすることも可能であること、職人さんが一枚ずつ作り上げる手染めは、使えば使いこむほど味が出てくるといった特徴をもっていることなどが挙げられ、目的や用途に応じて印刷方法を使い分けると良いかもしれません。