のぼり旗の種類と特徴

のぼり旗の基礎と役割

のぼり旗といっても、使う用途によって色々な大きさの物や加工されたものがあるので、比較してみてみると面白いかもしれません。

おすすめリンク

のぼり旗の種類と特徴

街中でよく見かけるのぼり旗は、どれもこれも同じものであると思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、ひとくちにのぼり旗といっても色々な種類があるようです。

ここでは、どのような種類があるのかとそれぞれの特徴についてみていきたいと思います。

私たちが最も頻繁に目にしているのぼりは、特に決まったサイズというのはないのですが、一般的に主に2種類のサイズがよく使われており、テトロポンチという薄手の布を使って作られているということ、店舗の受付の机の上などに設置されているミニのぼりは、吸盤やマグネットによって卓上に動かないように置くことができたり、壁などに設置して上や斜めなどからアピールすることができるという特徴を持つこと、お祭りや外での大掛かりなイベント会場のような場所でも目立つように設置される大型のぼりは、離れた場所にいる人たちにも認識してもらうために、色の配色と文字でアピールすることが多いこと、細かい部分の再現は難しいのですが、和の雰囲気を表現することができる綿のぼりは料亭などの飲食店ののれんとして良く使われていること、工場などで防災を促すための防災のぼりは、火災などが起きたときに火が燃え移らないように加工を施しているという特徴をもつことなどが挙げられ、用途に応じて色々なのぼり旗が使われています。